「未分類」カテゴリーアーカイブ

ブログの順番が…..。

オアア。ブログの順番が崩れマシタ。。。。。

このドメイン上に、「亡き愛猫の闘病生活と治療について」の情報サイトを作ろうと画策したら
大変なことにっっっっ。

 

お久しぶりデス、tie*onデス。生きてマス!

最近はフリーランスのエンジニアとしての時間が多いデス。
自力で仕事をGETしないといけないので、なかなか骨が折れマスガ、今が頑張りどころな気も。スル。

個別の再販オーダーにお応えしつつ、再販として出させて頂いてるのは
minneの天体模型ブレスレットとAmazonの機械式時計ループタイのみなので、
そろそろ新作や他のアイテムもお出しシタイナー!いや、シマス!

 

残念ながら、今年のイベントへの出展予定は無いので
通販がメインになるのカナと思ってマス。

 

アクセサリー作家としては少々離れ気味ですが、エンジニアやってても
「作りたいなあ」と思ってしまう、どこまでも創造大好きtie*on。

さしあたってはブログの日付を…せめて過去3日だけでも…。

 

 

 

Amazonにて、機械式時計ループタイ販売開始デス


【tie*on】機械式時計ループタイ 腕時計のムーヴメント(ムーブメント)使用 スチームパンクな装いに (茶)

 

おや、いらっしゃい。

見ない顔だね、もしかしてこの街に引っ越してきたのかい?

ところで…————————-

さっき見ていたショーウィンドウの、そのボロタイ。

ああ、そうさ、「ループタイ」とも言う。

 

そいつは元々名のある腕時計だったのさ。

50年も前なら、その名を聞いて知らない男はいなかった。

だけどね、彼らが欲しがるのは、その外側だった。

美しく磨かれたガラスの光り具合や、重厚感のある文字盤のデザインや、マスケットみたいに鋭い針の大きさや、ベルトの材質…

もちろんそれは悪いことじゃあない。
カタログを眺める彼らには、それしか見えないんだからね。

 

ただ、「美しいのは 外見だけじゃない」と、私は言いたかった。

彼らにじゃなく、そんな彼らから手放された、廃棄される寸前の腕時計にね。

 

腕時計ってのは、時間を示す道具だ。

その役割を発揮すれば、こいつの存在意義は果たしているだろう。

 

だがね、内に秘めた美しさを、最後まで発揮できないなら。

最後の最後に もう一仕事、請け負ってもらおうと思ったのさ。

 

持ち主であっても、見ることはなかった。

裏蓋をこじ開けると、驚くほど緻密で鮮やかな世界があるんだ。

 

 

さあ、話に付き合ってくれたお礼だ。

このボロタイは君にあげよう。

 

なんだか 君を待っていたようではないかね?

 

 

==================

 

実に3ヶ月ぶりのAmazonさんお取り扱い開始デス。

お待たせしマシタ!

今回のループタイはお星様の刻印付きが【黒】【茶色】のお紐、
刻印なしの同じタイプのムーヴメントが【えんじ】のお紐。

本物の腕時計の中身を分解して、お掃除して、サビ止めなどの処理を施して
ループタイに仕立てています。

苦労話は得意じゃないのでサラッとデスガ、最後の仕上げで歯車の一つが
ひしゃげているのに気付いてボツになるような、武骨で繊細な
アイテムです。手間暇かかってマス。

どれもAmazonさんでPrimeお届け可能なので、「tie*onと直接やりとりするの、不安だな」という方にもご覧いただけたら幸いデス。

今年のイベント参加(出展)は今の所予定していないので、
デザフェスで狙ってたんだけど買えなかったナー!」という方は
子猫堂さんや通販にてお求めいただけたら嬉しいデス。

紐の長さやお色のオーダーがある方はTwitterのDMやリプライにて
お気軽にご相談下サイ…☆

【tie*on】機械式時計ループタイ 腕時計のムーヴメント(ムーブメント)使用 スチームパンクな装いに (茶)

自分でも読み返すと意味が分からない自分の発想をクラゲの写真と共にお楽しみください

自称サバサバ女(これをAとする)を批判する行為を

!A=B(Aの否定=B)とした時、

A=!Bであることから、

『自称サバサバ女を叩く行為の本質は自らを「女らしい女」と定義づけることである』

と考える自称サバサバ女のことを批判する証明問題

猫嫌いな人は猫に対して1次元方向の斥力を持っていると仮定した時、

猫好き(猫に対して引力を持つ人)が猫嫌いの対局に存在することで

猫のベクトルが一致して全員幸せになれる

(ここで猫嫌いと猫好きの間をつつつつーっと移動する猫を想像してほしい)

褒めて伸ばすというのはユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)上でも重要視されていて、

例えばソーシャルゲームのログインボーナスは「ゲーム起動してえらい!」なので

現実世界のアクティブ率を上げるためには、恋人や家族あるいは友人から多少大げさに褒められる機会、および運営からのプレゼント配布を実装する必要がある

死生観というほど大層なことではないけれど、死ぬのが怖いというのは「意識を失って倒れるのが怖い」というのと同義な気がする。

実際に気絶した瞬間、私の場合は「あ、やばい」と思ったら目覚めた時には床に転がっていたため、死ぬ瞬間も「あ、やばい」くらいの感覚で、結果的に死んでるのではないか。

そう思うと、気絶と死の違いって、主語が一人称か否かくらいの差しかないのかもしれない。

ちなみに私自身は死ぬことが怖いとは思わないが、まだ死にたくないなあとは思っている。

理由はまだまだやりたいこと、作りたい物があるためで、それらが無くなったときは死んでも良いということになる。

けど、もし万が一 自分から行動欲が消え失せたとしたら、その時点で死んでそうな気はする。

時々、自分の考えや行動が正しく評価に値するということを、他人の言葉によって確信したい瞬間がある。

そんな時には気心知れた相手に「これすごいねって言って」と具体的なリクエストを投げかけるようにしている。

私は基本的に建設的な議論が好きなので、原則、成果物に対して手放しの賞賛を強いることは酷だと考えているけれど、時にはハッピーセットのおもちゃだけを享受したいというか、相手の物差しを考慮せず承認欲求を満たしたくなる。

軽薄で中身のない安いコミュニケーション、と批判されそうだが、他人に負荷をかければ自分の身が危うかった私なりの、精一杯の甘えでもあるのだ。

『委託販売開始のお知らせ』

下北沢のtoppin’kitchenさんにて委託販売を開始しました。

機械人形耳飾・Ⅲはロングタイプ、新作をお持ちしてマス!
歯車シリーズはイヤリングとピアスどちらも置かせていただきました(*’▽’*)

ネットでは未公開のシルバーカラー、「ブリキの機械人形耳飾」もゴザイマス。
アンティークシルバーのマットで無機質な輝きがなんとも言えないガラクタ感。

歯車シリーズはいわゆる「時計仕掛け」を正面から覗いた時の、ほんの一部分を切り取ったイメージです。
歯車が重なってくっついている機械って本来有り得ないので、装飾的スチームパンクとでも呼びましょう。

どんなお洋服にも合う無機質さが不思議な魅力の歯車達、どうぞお気に入りを見つけてください。

お馬さん、うさぎさんの定番YUMEMIRUピアスもたっぷりと。

お馬さんは
・ピンクの薔薇+リボン
・白い薔薇+パール
・藍(落ち着いた青)色の薔薇+お花コネクタ

ウサチャンは
・ピンクの薔薇+パール
・白い薔薇+パール
・薄紅(落ち着いたピンク)色の薔薇+チェーン

どれも同じ物は無いデザインなので、早い者勝ちということで…☆

【toppin’kitchen】
下北沢駅 南口から徒歩一分
営業時間 11~20時
http://toppinkitchen.com

お店には可愛い雑貨がたくさんありマス(●´ω`●)
なんとテイクアウトカフェも併設!

お店の方もとっても優しい方ばかりなので、おいしい飲み物片手に是非ご覧くださいネ。

tie*onの作品は入り口からレジカウンターへ真っ直ぐ歩いたところの左手の棚、上から二段目でお出迎えしてマス。

宜しくお願い致しマス☆

吉祥寺の「HATTIFNATTの雑貨屋さん」に出店させていただいてます。

ディスプレイは近日中に変更予定!

【お買い物&子猫堂様特別展・期間延長のお知らせ】

ハンズさんのクリエイターマーケットとアーティズムが終わり、
からの大風邪を引きまして、
本日ようやく熱が下がり…

ぜえはあ言いつつも完全復活でございマス。
密かにご心配頂いた皆様ありがとうございマシタ!
え、いない?
またまた〜〜〜。

今日はフラリとお買い物へ。

行き先は我が心のオアシス・丸善でゴザイマス。
友人への贈り物返しに本を数冊と、自分用に万年筆を。

実は密かに文房具マニアだったワタクシ、昔はガキのくせに
PORTERのボールペンやらぺんてるの製図用シャーペンやら愛用していたわけなんデスガ。
なんでもプラチナ万年筆が新しく開発したという
「一年放置してもスラスラ書ける万年筆」に釘付け。

カートリッジ式なのが今時デスネ。

そして来年の手帳!はらぺこあおむし!
エリックカールの極彩色にクラリ。
「子持ちか」とツッコまれましたガ、気にしない。

既に新しい年を迎える気分で一杯ですなー。

さてさて、11月から開催されます
東京都板橋区・子猫堂様の
【少年たちの夢展】。なんと期間延長が決定いたしマシタ!!
※延期じゃないですヨ!
お客様からのご要望あってのことらしく……これは嬉しいデスネ( ・`ω・´)

子猫堂様には、常設展ですっかりお世話になっているtie*onデスガ。
特別展用作品も、【2014年11月1日(土)~11月23日(日)】どどんと見て頂けることになりそうデス!

詳細は子猫堂様のブログをご覧ください…☆
http://konekodo.blog10.fc2.com/blog-entry-1517.html

tie*onにとっての少年は、機械人形のお話は勿論のこと
くまのプーさんの持ち主・クリストファーロビンやピーターパンに出てくるジョンのイメージもありまして。

可愛く、でも本人はとってもかっこいい!を持っていて、ファンタジーにまみれ、感傷的で、大人に依存し、でも独自の世界の王様でいたい、繊細だけど壮大な、ノスタルジックな世界なんデスヨネ。

デザフェスではこのあたりを出していけたらいいなァ。

ということで、渋谷ハンズ7階ギャラリーマーケットに子猫堂様へ、
びゅーんと納品頑張りマス☆

昨年は多くの方とお知り合いになる機会があり、また大変お世話になりました。

アクセ作家として本格的に作品作りを始めたほか、
横浜や吉祥寺の雑貨ショップさんにも作品を展示していただけるようになり、また多くのお客様のお目にかかり、お手に取っていただきました。

数ある作品の中から、「tie*on」作品を見初めていただいた沢山の方々に
心から御礼申し上げます、本当にありがとうございます。

本年はさらなる作品テイストの充実を目論んでいます。
具体的には、革小物、布小物、羊毛フェルト、樹脂工作など。
ドール用アクセも作ってみたいですネ。

吉祥寺のお店は1月いっぱいでおしまいですが、今年から下北沢のお店に出展させていただく予定です。

また、来る1/12(日)、デザイン☆カルチャーというイベントに出展いたします!
忙しくなりそうで、早くも楽しみであります。
あと2週間……が、がんばりますっっ

それでは、本年もどうぞ宜しくお願いします!