ダカラ僕ハ、黙ッテ作ル。

カジュアル、フォーマル、フェミニン、スチームパンク、森ガール、ゴシック、ロリイタ、パンク、モード、フェアリー…

ソレが何であるか、どうあるべきか、何が【あるべきでない】のか。

こういった命題については、どこのジャンルでも度々論争が起こり、時に派閥を生むようですネ。

さて、ジャンルとはデザインに紐付いていて

デザインとは

デコレーション、見た目としての「デザイン」

ファンクション、機能としての「デザイン」

エクスペリエンス、人の体験としての「デザイン」

など、複数の面を持ち合わせていますネ。

私はこの中のどれかが作品の要素にあれば、ソレは「そのジャンルである」と思っています。

てかデスネ、もっと言うと、
受け取ってくれた方が「これ、すごくスポーティ!」と思うのなら、ソレは、そのヒトにとって、スポーティである。

で、いいじゃん。
と思っています。

私という人間に、製作者のプライドはもちろん有ります。

ですが、ヒトに押し付け、自らと一致しないモノを糾弾するプライドは持ち合わせておりません。

それはプライドではない。私にとっては。

思想を主張するとすれば、ただのエゴであり、世の中から独立した事象であると思っています。

(例えば、この文章のように)

デザインの辿った歴史や自分のスタイルを発信することは素晴らしく、他の方の考えはとても勉強になりますネ。

だからこそ、世の表現者はなぜ他人の表現に寛容であれない時が在るのかと憂う時が度々あります。

月のお小遣いは限られているけれど、何らかのジャンルの着こなしがしたい人

気軽に、ちょっと変わったモチーフを取り入れたい人

どちらも自分の感性で、可能な範囲で、服飾美を模索している。

すごく素敵じゃアリマセンカ?

フォーマル、フェミニン、森ガール、ゴシック、ロリイタ、パンク、モード、フェアリー、スチームパンク…

総レースはカジュアルに成り得ないでしょうか。

シフォンはフォーマルに成り得ないでしょうか。

デニムはフェミニンに成り得ないでしょうか。

ビーチサンダルは森ガールに成り得ないでしょうか。

ー それがどんな「デザイン」のビーチサンダルであっても? ー

他者が作品を目にとめ、手で触れた、その時点で「ソレ」は

作り手の思惑を離れ、その人のセンスの中を駆け巡ります。

『白でフリフリならロリイタだと思ってるヒトが嫌』

『黒で蝶々ならゴシックだと思ってるヒトが嫌』

『銅で時計モチーフならスチームパンクだと思ってるヒトが嫌』

なんて言っては、作り手のセンスだけを傲慢な王にしてしまうのではないでしょうか。

王の価値観を鵜呑みに出来ないと、身に着けてはいけない、創ってはいけない?

作品が受け入れてもらえない、周知されない原因てのは
実はそんなところにあるのではないかなァ、と、私のエゴがしくしく痛むので書き綴った次第。

さて、今週は半可変抵抗器を入手。
色々と進んできてマス。

1月後半の出力(サクヒン)。

歯車が耳から生えたような耳飾りはminneさんCreemaさんで大人気。
あっという間に売り切れでありんす。

カンワイイですよね部品って。
私もマジカンワイイと思ってお作りしております。
ありがとうございます、ペコリペコリ。

現在は、アンティークゴールドとぴかぴかゴールドがメインの
「Ⅱ」を受注制作承っております。

そしてそして、ほんのわずかにアシンメトリーな新作もお目見え。

歯車のピアスorイヤリング・Ⅲ 【機械人形耳飾(キカイニンギョウピアス)】
http://minne.com/items/407858

※今のところminneさんのみでお取扱中デス。
今週末にCreemaさんでも販売開始予定。

いつもよりシルエットを複雑にデザインしました。
組み合わせの妙、どうぞお楽しみ下さい。

次いで、リボンとお馬さんのピアスは今週の自信作。

バラは樹脂粘土で、指先に乗せて1つずつ丁寧に丁寧に咲かせています。
1時間にほんの10個ほどしか制作できない、直径6-8mmほどの
小さく可憐なバラたちです。
お色はフラミンゴピンク、少女の愛らしさをイメージしています。

乙女なうさぎさんverも作りマスヨ!

『委託販売開始のお知らせ』

下北沢のtoppin’kitchenさんにて委託販売を開始しました。

機械人形耳飾・Ⅲはロングタイプ、新作をお持ちしてマス!
歯車シリーズはイヤリングとピアスどちらも置かせていただきました(*’▽’*)

ネットでは未公開のシルバーカラー、「ブリキの機械人形耳飾」もゴザイマス。
アンティークシルバーのマットで無機質な輝きがなんとも言えないガラクタ感。

歯車シリーズはいわゆる「時計仕掛け」を正面から覗いた時の、ほんの一部分を切り取ったイメージです。
歯車が重なってくっついている機械って本来有り得ないので、装飾的スチームパンクとでも呼びましょう。

どんなお洋服にも合う無機質さが不思議な魅力の歯車達、どうぞお気に入りを見つけてください。

お馬さん、うさぎさんの定番YUMEMIRUピアスもたっぷりと。

お馬さんは
・ピンクの薔薇+リボン
・白い薔薇+パール
・藍(落ち着いた青)色の薔薇+お花コネクタ

ウサチャンは
・ピンクの薔薇+パール
・白い薔薇+パール
・薄紅(落ち着いたピンク)色の薔薇+チェーン

どれも同じ物は無いデザインなので、早い者勝ちということで…☆

【toppin’kitchen】
下北沢駅 南口から徒歩一分
営業時間 11~20時
http://toppinkitchen.com

お店には可愛い雑貨がたくさんありマス(●´ω`●)
なんとテイクアウトカフェも併設!

お店の方もとっても優しい方ばかりなので、おいしい飲み物片手に是非ご覧くださいネ。

tie*onの作品は入り口からレジカウンターへ真っ直ぐ歩いたところの左手の棚、上から二段目でお出迎えしてマス。

宜しくお願い致しマス☆

次回、新作のテーマは『抵抗』。

マニアック?
イヤァ、本領発揮ですヨ。

工業的装飾、工学的様式美、それは時にデザインと呼ばれ機能と呼ばれる、素晴らしき世界。

スチームパンクが蒸気機関なら、私の是は『エレクトリックパンク』とでも呼びましょう。

不思議の国のゑジソン。
どうぞお楽しみに。

『予告』

また、あえたね。

歯車ピアスのアナザーバージョンです。
シンプルに、嫌味無く、落ち着いていて何にでも合わせられるデザインが理想。

シルエットが変わってるのに色味が落ち着いている、そんなアクセが一番『ウチ』らしいな、と思う今日この頃。
『私が密かに楽しむ私だけの特別なもの』みたいな、アクセサリーとしてはかなり矛盾した、フェティッシュな感情がtromploeilの中にあるんデスネ。

minneさん、Creemaさんにて販売予定。
まずは、有り難いことに売り切れが続いておりますminneさんへ…。
本日夕方頃に出品致します。

納品してきマシター。

左半分はロマンティック乙女、
右半分は機械人形シリーズ。

すぐ売り切れてしまった歯車部品のピアスも、取り急ぎ3点だけ納品です。
新作から2点、オリジナルの一点ものが置いてありマス(●´ω`●)

お気に入りを見つけて下さいネ!

下北沢のtoppin’kitchenさん、入り口からまっすぐ奥に進んで左手側のスペースでお待ちしてマス(*’▽’*)
 
【店舗情報】
toppin’kitchen
営業時間:11~20時

下北沢駅南口から徒歩1分
http://toppinkitchen.com

蒼鉛結晶ができマシタ。

なかなかの良い出来に満足、満足。

さあて、新シリーズ、いっきますよー。

先日のエントリの通り、ビスマス結晶を作りマシタ。

しばし寝かせておいたこの子たち、選定してペンダントに加工。
2cm超の抜群の存在感と、特に綺麗な結晶を選んで
こんなふうに仕上がりました。

結晶はアクリル樹脂で丁寧に固定してあります。

ポタリっと一粒こぼれ落ちたデザインのteardrop型、
額縁みたいな枠に金銀のスタッズが光るsquare型、
どちらも男女兼用、いえ、ノンセクシャルなアクセサリーとでも形容しましょう。

この摩訶不思議な7色の輝きは、蒼鉛を溶かした時に
酸素と結合した表面が見せる、酸化膜の一種です。

コーデはワイルドにも、カジュアルにも、シンプルにも。
男性の方もカッコよく、この世の者とは思えない空気感がキマります。

このビスマス結晶、デスクに飾って眺めているだけで
ぐいぐい視線が引き込まれるような、ミステリアスな形状をしています。

鑑賞目的の方にも喜んでいただけるよう、あえてアクリルに封入せず
表は素のまま、裏は樹脂でしっかりと、フラットに仕上げました。

比較的柔らかい金属ですので、お取り扱いにはちょっぴりご注意下さい。

お求めはminneさんにて。

minne(ミンネ)| 蒼鉛(ビスマス)結晶ペンダント【teardrop・Ⅰ】  http://minne.com/items/429517

minne(ミンネ)| 蒼鉛(ビスマス)結晶ペンダント【teardrop・Ⅱ】  http://minne.com/items/451158

minne(ミンネ)| 蒼鉛(ビスマス)結晶ペンダント【square・Ⅰ】  http://minne.com/items/451157

(sold out!)minne(ミンネ)| 摩訶不思議・蒼鉛結晶ペンダント  http://minne.com/items/419521

お気に入りは早いもの勝ちです…☆